ファイナンス思考(朝倉祐介) 書評のようなもの

最近ファイナンスへの興味が強くなってきた。 前から知っておいた方がいいんだろうな〜という認識ではいた。だが、いまいちとっかかりが掴めずそのままだった。今回この本が発売されると知り、 - 著者が、mixiのCEOを務めた実務家であること - 前作である「論語と算盤と私」、を楽しく読ませてもらったこと という理由で興味を持ち、ファイナンスの知識を仕入れるいいきっかけになるのではと思い読んでみた。

所感

全体的にとっつきやすい。著書の中でも述べられているが、専門知識を必要としないことが理由だと思われる。 先ほど述べたように、学者ではなく実務家の方が書いている分、勉強している間をあまり感じない。 以上の理由で非常に読みやすく、僕のような初学者にとって最適な本だと感じた。

ファイナンス思考の対極の考え方を本書では「PL脳」と呼んでいる。「PL脳」とは損益計算書至上主義みたいなイメージで理解するといいと思う。 この「PL脳」的な考え方は高度経済成長期では通用していたが、技術革新によって不安定化している現在ではこの「PL脳」的な経営手法は通用しないと筆者は説いている。このように筆者はPL脳的な考え方を批判的に捉えている。その理由は本質的な企業価値の向上ではなくPL上の数字を作ることを優先しがちになってしまうからである。

ファイナンスの概要

ファイナンスってよくわからないので本書の定義をそのまま抜粋。 企業の価値の最大化のために - 事業に必要なお金を最適なバランスと条件で調達し - 既存の事業・資産から十分にお金を引き出し、 - 築いた資産を事業構築のための新規投資のための新規投資や株主・債権者への還元に最適に分配し、 - その経緯と合理性と意志をステークホルダーに説明する という一連の活動を指すらしい。(大変すぎるんだよなぁww)

ファイナンス思考とは

長期的な目線に立って事業・財務等の会社戦略を組み立てる考え方。

特徴

評価軸

ファイナンス思考 -> 長期的な事業価値
PL思考 -> PL

時間軸

ファイナンス思考 -> 自発的・長期
PL思考 -> 他律的・短期

経営アプローチ

ファイナンス思考 -> 調整的・管理的
PL思考 -> 戦略的・逆算的

そのほか重要だと感じたエッセンス

読み進めていく中で重要だと感じた内容をまとめます。

会社は「お金」で評価される

GAFA」の共通点

  • 短期的なPLの毀損を厭わない
  • 市場の拡大競争優位性確保のため、大規模な投資を行う
  • 投資目的が長期的かつ未来志向

複数事業による継続的な成長性GAFA」とは急成長を実現した「Google」、「Apple」、「Facebook」、「Amazon」企業群を指す。

「PL脳」の行動パターンについて

  • 黒字事業の売却をためらう
  • 時間的価値を加味しない
    時間的価値の要因は、「金利分の価値の差分(リスクフリーレート)」・「不確実性(リスクプレミアム)」の二つ。詳しくは単語解説にて
  • 資本コストの無視
    資本コストという概念を初めて知った。具体的には資金調達の際の利子とか。確かにバカにならない気がする。本書では「事業は調達した資本コスト以上の収益性を実現しなければならない」と表現されていた。確かに。。
  • 事業特有の時間感覚を勘案しない
  • 事業特有のリスクを勘案しない

単語

まぁ知識として覚えておくことにする。 ・ WACC ー 加重平均資本コスト
・ ROIC ー 投下資本利益率
エクイティファイナンス 株式を発行する資本調達の方法。ここで得た資本は純資産に計上。 ちなみに通常の借り入れをかっこいい言い方で言うと「デット(debt)ファイナンス」。こちらは負債の部に計上。
エクイティファイナンスの特徴は返済期限がないと言うこと。デメリットとして株式を他者に握られる分、経営権が希薄化する。
リスクフリーレート
現在の100万円と将来の100万円では現在の100万円の方が価値が高いと考える。
なぜなら現在の100万円には預金金利の将来的な獲得分の価値が存在するから。その差分のことをさす言葉。
リスクプレミアム
現在の100万円と将来の100万円では現在の100万円の方が価値が高いと考える。
なぜなら将来の100万円にはもらえない可能性があり、ファイナンスにおいてはこの不確実性に対して割引率を設定して考えるから。その不確実性を指す言葉。
キャッシュフロー
直訳すると、現金(キャッシュ)の流れ。Amazonはこのキャッシュフローの最大化を長期的な目標にしている。 プラトゥス曰く「金を稼ごうと思ったら、金を使わなければならない」。まぁそういうこと。(適当)

なんとなく心に残ったフレーズ

  • 道徳を忘れた経済は罪悪、経済を忘れた道徳は寝言二宮尊徳の言葉らしい。確か高校の倫理で勉強した気がする。
  • 利益は意見。キャッシュは事実損益計算書は解釈の介在する余地が存在する以上どうしても経営者の意向が含まれてしまうのに対し、キャッシュフローは解釈の介在する余地が存在しないため、ありのままの事実を示している。という会計の特質を表した言葉。
  • 計画とは将来への意志である。将来への意志は、現在から飛躍し、無理があり、実現不可能に見えるものでなくてはならない。現在の延長線上にあり、合理的であり、現実可能な計画はむしろ「予定」と呼ぶべきであろう」 かっこよかったので全文抜粋した。笑
  • 資産とは金が化けたもの松下幸之助曰く。

    感想

    役に立つ知識をえれたと同時に楽しんで読めた。実際に経営していると、より理解しやすいんだろうなぁと感じた。